社会福祉法人 隆生福祉会

【訪問看護ステーションゆめ】都島区在宅医療・介護連携推進事業研修会に出席いたしました

CIMG0486
 
8月26日、都島区在宅医療・介護連携推進事業主催の連携シンポジウムが開催されました。
テーマは「都島における基幹病院の地域連携の現状と地域包括システムを推進するうえでの課題」。
クリニック医師、一般病院の医療ソーシャルワーカー、薬剤師、ケアマネージャー、訪問看護、地域包括支援センター、それぞれの立場で、現状や課題の報告が行われました。

訪問看護ステーションゆめからは、入口所長が出席しました。
訪問看護ステーションゆめの概要、多職種連携の取り組み、訪問看護の役割と課題など、日ごろの訪問を通して感じている思いを発表しました。
訪問看護師は、「医療と介護の架け橋」という役割を担っていかなければいけません。
しかし、現状まだまだそうなりきれていいないところもあります。
病院と地域、職種間が切れ目なく協働できる社会に向け、繋ぐ役割を果たせるよう、もっともっと頑張っていかなければと思いを強くした研修会でした。
 
CIMG0487
 
 
 
 

ブログ一覧へ